エンゲージメントと生産性が高い組織への変革を支援

エンゲージメントと生産性が高い組織への変革を支援

次のような課題に対応しています

  • テレワークや多様な働き方によって組織の一体感や求心力が低下している
  • カリスマ経営から、社員の主体性と仕組みで回る組織に移行したい
  • 組織の拡大や統合などによって、従業員の向いている方向が揃わなくなってきた
  • 組織の拠り所や意思決定の基準が不明確なため、組織のスピードがあがらない

企業のMission、Vision、Valueの言語化、現場でのマネジメントへの展開、理想的な思考・行動スタイルの浸透・定着まで、ニーズやご状況に合わせて最適なプランをご提案します。プロジェクトを通じて、社員と組織の接点を明確化し、組織の活力やエンゲージメントを高め、より良い組織文化を醸成します。

MVVは組織の求心力であり拠り所

Mission・Vision・Valuesは組織の求心力であり、拠り所でもあります。

お客様にどんな価値を提供すべきか?っという事業ドメインはもちろんのこと、採用戦略においても志をともにする同志として「誰をバスに乗せるのか」、そして最終的には組織文化にも多大な影響を及ぼします。

逆説的に言えば、MVVが明確でない企業は、営業、マーケティング、採用などの各戦略に一貫性を持たせることが難しく、組織としての競争力を高めづらいとも言うことが出来ます。

弊社Work Happinessでは、企業の過去、現在。未来を紐解きながら、各種経営戦略の根幹となるMVVの策定・再構築・浸透のサービスをご提供しています。

MVVを明確にするメリット

譲らないことを決めることで柔軟に変化できる

昨今、ビジネス界はVUCAワールドと言われています。変化が激しく(Volatility)、不確実(Uncertainty)で複雑(Complexity)で不透明な(Ambiguity)な世界では、未来が確実に予想でき、線形的な成長を遂げてきた過去の世界と比べて、より意思決定が困難になってきています。

そうした中でどのように変化して行けばいいのか、方向性を定めてくれるものがMISSIONやValuesです。

逆説的にそこに規定されたもの以外であれば、時代の変化に対して変える対象になりえるということ。MVVを定めることで、自社らしい軸を持ちながらも、柔軟な対応が可能になります。

判断基準が明確になり、意思決定のスピードが上がる

よく弊社ではこんな問いをすることがあります。どちらかしか昇進させられないとしたら、あまたはどちらを昇進させますか?

遅刻ばかりするが、業績抜群のAさん VS 成績そこそこ勤務態度◎のBさん

模範解答というものがない世界ですが、ビジネスの世界では 「誤VS正」の選択肢で意思決定スピードが遅れることは殆どありません。

意思決定のスピードが遅れるケースというのは、答えがない、どちらも正しそうという場合がほとんどです。

そんな時、意思決定の基準となるのが企業のMVVになります。
例えば、人や物を「定刻」通りに運ぶという鉄道会社で考えてみた場合、遅刻をするAさんではなく、Bさんを昇進させる事が殆どではないでしょうか。

このようにMVVを設定することによって、組織における判断基準が明確になり、意思決定のスピード、ひいては組織の生産性が向上することにつながっていきます。

従業員の主体性と仕組みで組織運営が行いやすくなる

MVVを明文化、ないしは具体化することで、判断基準が明確になっていくと、現場の従業員でも意思決定に迷わず。主体的に行動できるケースが増えていきます。

その状態が継続していく中で、経営層が権限移譲や、情報共有、部門関連系の仕組みなどを構築することで、強いカリスマリーダーやトップダウンで運営する組織形態から、従業員の主体性と仕組みだけで回る組織運営への転換も可能になります。

弊社サービスの特徴

浸透してこそ価値がある、現場視点のプロジェクト

経営層からのTOPダウンだけで、MVVを構築するだけでは、構築はできても浸透フェーズで躓いてしまうケースをよく聞きます。

弊社Work Happinessでは現場や経営層のインタビューからはじまり、現場に影響力のある人材を巻き込んだ検討委員会の設置や、全管理職、場合によっては全社員を巻き込んでの理念策定ワークショップの開催など、浸透を視野に入れたプロジェクトを設計・展開しています。

組織と社員の価値観の接点を発見し
社員の当事者意識を高め、変革への強い原動力に

社員が変化の必要性を理解し、変化を自分ごととして捉えなければ、現場を変え、組織のパフォーマンスを高めることは困難です。

Work Happinessでは、プロジェクトの中で社員一人ひとりの価値観と組織のMVV(Mission・Vision・Values)との重なりを拡げ、共鳴させることで社員と組織のエンゲージメントを高めていきます。その結果、社員の当事者意識や主体的な貢献意欲が醸成され、変革を推し進める強い原動力を生み出します。

事例

社員が主導する企業理念再構築プロジェクト
⼀⼈ひとりが所属する意義を感じられる組織への変⾰

流通C社では、創業者から⼆代⽬社⻑に経営のバトンが渡り、“⼀⼈の偉⼤なリーダーが率いる会社”から”社員の主体性と仕組みで加速する会社”に変わるために、数々の改⾰が実施された。
改⾰が進むも、「⾃社らしさが失われた」「現場に活気がなくなった」「スピードが落ちた」等、多くの不満が現場から噴出。現場の中核を担った社員が離反するなど、会社全体に停滞感が漂っていた。
現場インタビューを通じ、社員と組織の⼼理的距離が広がり、何のために⾃社に所属しているかが⾒えなくなっている状況が判明。
組織を再び活性化するために、次世代リーダーを中⼼とした⾃社に所属する意味・意義を再発⾒するプロジェクトがスタートした。

実施施策

  • 各現場でグループインタビューを実施。社員が感じている潜在的な不安や不満を抽出
  • 同時に、社員⼀⼈ひとりが感じている仕事への誇りを抽出
  • 各現場の代表を選出し、理念再構築委員会を発⾜。社員が感じている「誇り」を軸としたミッション、ビジョン、バリュー(MVV)を再策定
  • 新たなMVVを実現した理想の組織像を、社員を巻き込んで策定
  • 新MVVに基づく研修や評価制度や表彰制度も導⼊。企業理念と社員⼀⼈ひとりの接点を作り続ける体制に

効果

  • 新MVVに基づいた社員主導のプロジェクトが数多く⽴ち上がり、多くの実績を⽣み出した
  • 新たな商品開発プロセスが経営に提案され承認される
  • 新MVVに基づいた社員発の公共機関向けのプロジェクトが県から表彰される
  • 社員の離職のストップ。従業員満⾜度調査の数値も⼤幅に改善
  • ⼼理的な不安が下がり、⾯談や会議に割かれていた時間が減少。労働⽣産性が約20%向上

詳細

サービス名 MVVの策定・再構築・浸透
対象 経営者・経営企画・組織開発のご担当者様
対応テーマ ● テレワークや多様な働き方によって組織の一体感や求心力が低下 ● カリスマ経営から、社員の主体性と仕組みで回る組織への移行 ● 組織の拡大や統合などによって、従業員の向いている方向が揃わない ● 組織の拠り所や意思決定の基準が不明確なため、組織のスピードがあがらない
期間 最低3ヶ月〜1年 ※プロジェクトにスコープによって変動します
実施料金 別途お見積もり。営業担当またはHPよりお問い合わせください。
テレワーク時代に最適な人や組織づくりをしませんか?

オンラインセミナー情報

人事・人材育成部門のご担当者向けに
様々なテーマのセミナーを開催しています。

「チェックした」プログラムから探す

世界30カ国以上で実施されているリーダーシップ開発プログラム

お気に入りリストに登録

世界30カ国以上で実施されているリーダーシップ開発プログラム

世界30ヶ国以上のリーダーシップ研修で採用されているラーニングゲーム。組織・集団心理学をベースに、チームの生産性を最大化するノウハウ&原則を習得できます。

対象:中堅社員・リーダー層・管理職・マネージャー層・組織、部門、チーム別

  • #エンゲージメント
  • #チームビルディング
  • #マネジメント
  • #リーダーシップ
  • #全体最適
  • #組織論
  • #組織開発
直感的なサーベイとシンプルな対話で、あなたのチームのエンゲージメントが変わる!

お気に入りリストに登録

直感的なサーベイとシンプルな対話で、あなたのチームのエンゲージメントが変わる!

5,000以上のチームで導入されたサーベイを活用し、チームの状態を1枚の絵で可視化。チームに内在する課題に、メンバー全員でポジティブに向き合い、改善できるよう、伴走支援いたします。

対象:管理職・マネージャー層・組織、部門、チーム別

  • #アセスメント
  • #エンゲージメント
  • #サーベイ
  • #チームビルディング
  • #モチベーション
  • #生産性向上
新人若手のオンボーディングを加速させる、テレワーク下のコミュニケーションプログラムThe Infinite Loop

お気に入りリストに登録

新人若手のオンボーディングを加速させる、テレワーク下のコミュニケーションプログラムThe Infinite Loop

The Infinite Loop Onlineは、緊急事態宣言下でテレワークを取り入れた企業の新人・若手の現場受け入れや、チーム内でのコミュニケーションの希薄化、同期との絆形成と言う課題を解消するためのオンラインゲーミフィケーショントレーニングです。

対象:新入社員・若手層・組織、部門、チーム別

  • #エンゲージメント
  • #オンボーディング
  • #コミュニケーション
  • #チームビルディング
  • #同期のつながり
  • #早期戦力化
Google,TESLA,NETFLIXも導入!テレワーク下のチームビルディングプログラム

お気に入りリストに登録

Google,TESLA,NETFLIXも導入!テレワーク下のチームビルディングプログラム

VUCA、コロナ禍、ニューノーマルと言われる先行きが不透明な時代を乗り越えるために「環境激変時のチームのあり方」や「リモートワーク時のチームビルディング」を3時間のオンラインゲームを通じ体験学習することができるチームビルディングアクティビティです。

対象:中堅社員・リーダー層・新入社員・若手層・組織、部門、チーム別

  • #エンゲージメント
  • #コミュニケーション
  • #チームビルディング
ITだけではうまくいかない!?ソフト面変革も含めてテレワーク移行を支援

お気に入りリストに登録

ITだけではうまくいかない!?ソフト面変革も含めてテレワーク移行を支援

感染症拡大の回避策としてではなく、テレワークは企業の競争力を劇的に高める「戦略」として取り組むべき経営テーマです。弊社では戦略的なテレワークの導入を支援し、導入成功に必要な業務プロセス改善や、社員エンゲージメントの強化をお手伝いします。

対象:管理職・マネージャー層・組織、部門、チーム別・経営層

  • #BPR
  • #エンゲージメント
  • #コミュニケーション
  • #テレワーク移行
  • #業務削減
  • #組織開発
  • #組織風土変革
テレワーク下でのマネジメント変革を支援

お気に入りリストに登録

テレワーク下でのマネジメント変革を支援

テレワークなどの慣れない環境下で、従来のマネジメントスタイルが通用しないとお悩みのマネージャー・リーダーの方向け。これからのマネジメントの新常識を短時間で習得できます。

対象:中堅社員・リーダー層・管理職・マネージャー層・組織、部門、チーム別・経営層

  • #エンゲージメント
  • #テレワーク
  • #マネジメント
  • #リーダーシップ
対話を通じて「自分軸」を発見し、組織へのエンゲージメントを高める、 マインドセット研修

お気に入りリストに登録

対話を通じて「自分軸」を発見し、組織へのエンゲージメントを高める、 マインドセット研修

新入社員や若手人材の早期戦力化に最適。自身の過去の経験を振り返りながら、自分軸を発見しつつ、組織理解を高め、エンゲージメントが高い自立的に行動できる人材を育成します。

対象:入社前・内定者・新入社員・若手層

  • #エンゲージメント
  • #キャリア
  • #セルフマネジメント
  • #チームビルディング
  • #モチベーション
  • #主体性
  • #自分軸
  • #自律
新人が自律型人材になっていくための基礎固めプログラム

お気に入りリストに登録

新人が自律型人材になっていくための基礎固めプログラム

新入社員が自律型人材として活躍するための土台となる「主体性」「実行力」「課題発見力」「計画力」「ストレスコントロール」という5つの基礎力を習得していきます。

対象:入社前・内定者・新入社員・若手層

  • #ストレスコントロール
  • #テレワーク
  • #主体性
  • #実行力
  • #自律型人材
  • #計画力
  • #課題発見力
職場実践を通じた自律型人材育成プログラム

お気に入りリストに登録

職場実践を通じた自律型人材育成プログラム

研修でのインプットと現場でのアウトプット(職場実践)を繰り返し、アクティブラーニング形式で若手の行動変化を促します。ご希望のテーマに合わせてカスタマイズが可能です

対象:新入社員・若手層

  • #テレワーク
  • #効率的なコミュニケーション
  • #実行力
  • #現場実践
  • #生産性向上
  • #計画性
  • #課題解決
テレワーク下でもトレーニーに成果を出させるOJTのスキル&マインドセット研修

お気に入りリストに登録

テレワーク下でもトレーニーに成果を出させるOJTのスキル&マインドセット研修

テレワーク下でいかにして新入社員を育てるのかといった、ニューノーマル時代のOJTの全体像を示し、ケーススタディを通じて、これからの新入社員の育て方を実践的に学ぶことができます。

対象:中堅社員・リーダー層・管理職・マネージャー層

  • #OJT
  • #エンゲージメント
  • #プロジェクトマネジメント
  • #リーダーシップ
  • #後輩育成

導入の流れ

※状況によって流れが変化する場合もございます。

  • 01

    ヒアリング

    現在のご状況や課題点をお伺いいたします。その上で、「課題の整理」「根本原因の抽出」「課題解決にむけたテーマ設定」を行います。より良いソリューション提供に向けて、従業員の方にヒアリングを実施する場合もございます。

  • 02

    ソリューションのご提案

    事前のヒアリングで得た情報をもとに、課題解決にむけた具体的なソリューションについてご提案いたします。必要に応じて、お客様と議論をしながら、より良いソリューションへの改善なども行います

  • 03

    ソリューションの実施

    実際に、ご提案したソリューションを実施いたします。実施に向けて準備をする中で、再度、本来の目的を達成可能か確認させていただきます。

  • 04

    効果検証

    実際に実施したソリューションが、「どの程度目的を達成したのか」。事前にお客様とすり合わせた評価軸をもとに、効果検証を行い、PDCAを回していきます。

  • 05

    アフターフォロー

    効果検証の内容も参考に、今後に必要な施策の協議や、現場ヒアリングなど、「次の一手」のために必要なフォローアップを行います。