OJT

OJTは、On-the-Job Training(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)の略称のこと。職場で実務(実際に仕事をすること)を通して学ぶこと。実際の業務を通じて、職業教育を行うこと。

企業が行う新人育成手法の1つで、日常業務を通じて従業員の教育を行うこと。職場内訓練や実地研修などを指す。おもに上司が部下に対して行うもので、業務に即した実践的な知識や技能を習得できる。このトレーニングでは、職場内で現場でしか得られない・指導できない知識・スキルを習得できる。