アクションラーニング

チームや組織などで起こる問題に対して、解決策を立案し、振り返りや修正を行いながら、繰り返し学習(行動や振り返り)を通していく手法のこと。

現場で起きている問題に対して、解決策の検討・実践を行い、そのプロセスを通して学習効果を得ること。組織強化の手法としては、各部門から横断的にメンバーを選出してプロジェクトを編成し、具体的な経営課題に取り組むスタイルで行われる。その際の要件は「現実的な問題とリンクしていること」、「試行錯誤の経験をさせること」、「そのプロセスについて反省・検証を行うこと」の3点である。