マインドマップ

マインドマップとは、トニー・ブザンが提唱した情報整理法・思考法。脳本来の力を効果的に引き出すことのできる非常にすぐれた思考法といわれ、紙の中心に主題を書き、そこから放射状に線と字を書いていく。

頭の中で考えていることを脳内に近い形に描き出すことで、記憶の整理や発想をしやすくする。中心となるキーワードを中央に置き、関連する言葉やイメージを繋いでいくことで考えをまとめ、複雑な問題の解決策を見いだす。マインドマップを活用することで、「情報の整理」、「記憶の定着」、「創造力の発揮」が促進される。