働き方改革

2016年8月に閣議決定した安倍政権による経済対策の1つ。働き方の抜本的な改革を行い、企業文化や社会風土も含めて変えようとするもの。多様な働き方を可能にし、一億総活躍社会実現に向けたチャレンジとされる。具体的な目標として、長時間労働の抑制・副業解禁・朝型勤務などが挙げられる。