CESモデル

7Sの要素を「①コミュニケーション:Communication」「②エデュケーション:Education」「③システム&ストラクチャー:System&Structure」の3つに分けて、その頭文字をつなげたのがCES。

①Communicationは、「戦略(Strategy)」「価値観(Shared Value)」「社内風土(Style)」の3つで、個人の思考や行動習慣と、組織のミッション・ビジョン・バリューが連動していることかどうかをみる。

②Educationは、「人材(Staff)」と「スキル(Skills)」の2つで、組織の望ましい行動が取れるように人材教育を行う。

③System&Structureは、ルールやシステムや組織図を変更して、変革の後戻りを防止する。