7S

外資系コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーが提唱した経営資源分析のフレーム。組織に必要とされる7つの要素で、それぞれの頭文字をとって7Sといわれる。その7つの要素は、「戦略(Strategy)」「組織(Structure)」「システム(Systems)」「価値観(Shared Value)」「スキル(Skills)」「人材(Staff)」「社内風土(Style)」で、その中の「戦略」「組織」「システム」の3つをハードな要素、「価値観」「スキル」「人材」「社内風土」の4つをソフトな要素と分類している。