CEO BLOG

豊かな時間の使い方

今日は時間の使い方の話をしたいと思います。
次の、金言、みなさんも聞いた事があると思います。

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる

様々な有名人やスポーツ選手が座右の銘にしていますよね。運命を変えるのは日々の行動習慣。その中でも重要なのは「時間の使い方の習慣」ではないでしょうか?

時間の使い方のポイント

人には等しく1日に24時間があり、これは私もみなさんも、ジェフ・ベゾスもビルゲイツも平等です。どんなにお金を積んでも、時間を買うことも貯めておくこともできません。
今日一日、何をすべきか?仕事やプライベートでやるべきこと、やりたいこと、様々ありますが時間は限られている。

どうやって優先順位をつけるべきか?一番簡単な整理は、緊急度と重要度です。緊急で重要なことはやるしかありません。例えば、今日が提出期限のクライアントへの提案書作成、家賃の振り込み処理、ズキズキ痛む虫歯の治療とか。

重要でないことは緊急度の大小問わず、よっぽど暇でもない限りやらなくて良いでしょう。SNSのチェックや返信、付き合いの飲み会、付き合いの交流会への参加、録画しておいたTV番組の視聴とか。

一番疎かにしがちなのが「緊急じゃないけど重要なこと」です。
ところが、時間の使い方で一番重要なのは、この「緊急じゃないけど重要なこと」をする時間を確保することです。

「緊急じゃないけど重要なこと」は全て投資です。今すぐにはリターンはありませんが、将来、人生に大きなリターンとして返ってきます。私にとっての投資テーマは3つあります。

「健康」「身近な人との良好な関係」「学習」

まず、「健康」ですが、例えば毎日の運動やバランスの良い食事に費やす時間。このための時間を疎かにすると徐々に健康が蝕まれ、やがて腰痛、肩こり、イライラが募って仕事も私生活も行き詰まっていきます。

友人の何人かは緊急で重要な目の前の仕事に忙殺され、30代で脳梗塞に倒れました。多くの人は病気になると健康の重要性を思い知ります。

どんなにお金を払ってもあなたの代わりにベッドで寝てくれる人はいません。
健康が人生の全ての土台です。

次に「身近な人との良好な関係」
・家族と過ごす時間
・上司、同僚、部下との相互理解を深める時間
・大切な異性や友人と過ごす時間

良好な人間関係は良い仕事と充実した人生の土台であり、多くの人に取ってはそれが人生の目的です。緊急で重要な仕事に埋没して人生の目的を見失うことのないようにしたいものです。

そして、最後が「学習」です。
若い時から「学習」時間を習慣化した人は数十年後に大きな金銭的リターンを得ます。
私の場合、公認会計士がキャリアのスタートだったので、「学習」が金銭的なリターンに繋がることは若い頃から身体に刻まれています。

数年単位で「このテーマで専門家となる!」という学習目標を立ててお金と時間を投資してきました。

テーマは「監査実務」、「上場支援」、「海外上場支援」、「資金調達支援」と財務会計領域から始まり、起業してからは「経営戦略」、「事業再生」、「人材育成支援」、「組織開発支援」、「事業開発支援」、「イノベーション創出支援」等々と異質分野に広がってきました。そして現在は「YouTuber」です(笑)。

「緊急じゃないけど重要なこと」を上手に行うコツは、スケジューリングによるブロックです。

全社員で共有しているスケジュール表で私の毎朝のトレーニングやスポーツの時間はブロックされています。全社員との合宿、家族や友人との旅行計画も年初に全てスケージュール表でブロック。

毎年、数週間、何かしらのスクールやワークショップに「学習」のために参加するのですが、これも年初にあらかじめブロックです。

重要なクライアントから突発的に仕事を頼まれても年初に立てたスケジュールを守り「すいません。そこは休暇が入っています。」と言って断ります。豊かな人生を目指すとき、目の前の重要そうに見える仕事は実はそれほど重要じゃありません。

スケジュールによるブロックを完遂するには「断る勇気」が必要です。
私は、豊かな人生は「緊急じゃないけど重要」な、
「健康」「身近な人との良好な関係」「学習」
の3つが土台だと信じていますから「勇気」をもって断ります。

バランスの良い豊かな人生のために「緊急じゃないけど重要なこと」をあらかじめ「勇気」をもってブロックする習慣、オススメです。


WorkHappinessでは、大きく変化する時代の中での組織づくりをサポートしています。テレワークを活用する職場の人と組織の生産性向上のための支援を行うサービスの提供や、『組織を変える』ために必要なお役立ち情報の発信、人事・人材育成部門向けのセミナーを行っています。是非チェックしてみてください。

この記事を書いた人この記事を書いた人

吉村慎吾

公認会計士として世界4大監査法人の一つであるプライスウォーターハウスクーパースにて世界初の日米同時株式上場を手がける。創業した株式会社エスプール(現東証1部上場)は現在時価総額約600億円の企業に成長。老舗ホテルのV字再生、水耕栽培農園を活用した障がい者雇用支援サービスなど、数々の常識を覆すイノベーションを実践してきた。

現在経営するワークハピネスは、3年前からフルフレックス、リモートワークをはじめとした数々の新しい働き方や制度を実証。その経験を生かし、大企業の新規事業創出や事業変革、働き方改革で多くの実績を持つ。2020年4月に自社のオフィスを捨て、管理職を撤廃。フルリモート、フルフレックスに加え、フルフラットな組織で新しい経営のあり方や働き方を自社でも模索し、実践を繰り返している。

人材・組織開発に携わる方必見!現場で役立つ最新セミナー開催中!
ONLINE セミナーダイジェスト 人気のセミナーを3分程度の無料動画にまとめダイジェスト版をご用意致しました。セミナー受講の参考に、ぜひご覧ください。SEE ALL DIGEST MOVIE

INDEX