CEO BLOG

食えなんだら食うな

人に勧められて、「食えなんだら食うな」という凄いタイトルの本を読みました。関大徹という明治生まれの禅宗の高僧が書かれた本の復刻版です。
「食えなんだら食うな」と言うタイトルも凄いですが、章立ても凄いです。

  • 病なんて死ねば治る
  • 自殺するなんて威張るな
  • 犬のように食え
  • 死ねなんだら死ぬな・・・

人を苦しめるのは執着です。食べることに執着したり、生きることに執着しているから苦しみがある。執着を捨てれば自由になれるという禅の教えを様々な事例を交えながら分かりやすく説いています。
良い本に出会えました。今後、何度でも読み返したいです。そして読み返す度に学びが変わることでしょう。

今回、私が感銘を受けた言葉は、
「食えなんだら食うな」です。

氏は、小学校5年生の時に禅寺の小僧となります。日課は夜明け前に起き出して街で行う托鉢。お椀に一握りのお米をいただき、それが朝飯と学校でのお弁当となります。托鉢が不調の日は朝も昼も何も食べられないのです。

「食えなんだら食うな」
これが禅寺でのルール。とっても自然でシンプルなことを修行で身体に刻み込まれます。
やがて、氏は学問を修めるため街に出て働きながら学校に通います。街では一学生です。托鉢はできません。仕事が無ければ飢えます。氏は、少ない賃金で餓死の恐怖を感じながらの何とか生きていきます。

やがて氏は、学生という体面やプライドを捨てて野良犬の様にゴミを漁れば、、、「食えなくても食える」という心境に至ります。
学生という体面は執着なのです。執着を捨てれば人は自由となり苦しみから解放されます。

「明日食べられなかったらどうしよう?」私たちはまだ起きてもいない未来への不安で苦しみ、今を楽しめません。私たちの毎日食べているものは江戸時代の殿様よりもリッチな内容です。良いものを食べ過ぎて病気になるほどです。そして、プライドを捨てて人や社会に頼れば「食えなくても食える」のです。

この本を読んで多くの事業家が勇気をもらったと言います。
「事業に失敗したらどうしよう?」「事業に失敗して無一文になったらどうしよう?」

「食えなんだら食うな」です。

そんな潔い思いでリスクを取ればこそ成功します。すべての事は起きてから考えればよいのです。必死で努力する。どんな結果でもあるがままに受け入れる。

でも、「食えなくても食える」のです。

人間がプライドを捨てて必死になったら必ずご飯は食べられます。
VUCAでコロナ禍。未来に対する不安は尽きません。
「食えなんだら食うな」
この言葉でスッキリしました。未来を憂いたり、過去を悔やむことで今を楽しめないのはもったいないのことです。未来に何が起きてもあるがままに受け入れれば良いのです。
「食えなんだら食うな」
座右の銘とします。


WorkHappinessでは、大きく変化する時代の中での組織づくりをサポートしています。テレワークを活用する職場の人と組織の生産性向上のための支援を行うサービスの提供や、『組織を変える』ために必要なお役立ち情報の発信、人事・人材育成部門向けのセミナーを行っています。是非チェックしてみてください。

この記事を書いた人この記事を書いた人

吉村慎吾

公認会計士として世界4大監査法人の一つであるプライスウォーターハウスクーパースにて世界初の日米同時株式上場を手がける。創業した株式会社エスプール(現東証1部上場)は現在時価総額約600億円の企業に成長。老舗ホテルのV字再生、水耕栽培農園を活用した障がい者雇用支援サービスなど、数々の常識を覆すイノベーションを実践してきた。

現在経営するワークハピネスは、3年前からフルフレックス、リモートワークをはじめとした数々の新しい働き方や制度を実証。その経験を生かし、大企業の新規事業創出や事業変革、働き方改革で多くの実績を持つ。2020年4月に自社のオフィスを捨て、管理職を撤廃。フルリモート、フルフレックスに加え、フルフラットな組織で新しい経営のあり方や働き方を自社でも模索し、実践を繰り返している。

人材・組織開発に携わる方必見!現場で役立つ最新セミナー開催中!
ONLINE セミナーダイジェスト 人気のセミナーを3分程度の無料動画にまとめダイジェスト版をご用意致しました。セミナー受講の参考に、ぜひご覧ください。SEE ALL DIGEST MOVIE

INDEX