CEO BLOG

楽しい時間を増やす体質

小学校時代の楽しかった出来事を思い返してください。
あなたの視線を通して風景や人物が出てきたなら、あなたは過去を主観的に体験する傾向があります。

あなたが映画の主人公のように写し出されているならば、あなたは過去を客観的な視点で体験する傾向があります。

心理学では主観的な体験をアソシエーションといいます。また、客観的な体験をディソシエーションといいます。そして、人によってこのアソシエーションとディソシエーションのどちらを多用するか?傾向が異なります。

アソシエーション体質の人は良いことも悪いことも主観的な感覚で体験します。楽しかった出来事を主観的に味わうので、思い出すと身体がワクワクします。悲しかった体験や辛かった体験も主観的に味わうので、胸が締め付けられるような感覚になります。一方でディソシエーション体質の人は、楽しかった体験も悲しかった体験も、他人事のように客観的に思い返すことができます。失敗を振り返ったり、悲しかった出来事から抜け出す時、このディソシエーション体質は非常に有効です。

アソシエーション、ディソシエーション、どちらも大切です。
重要なのは自分で選択してアソシエーションとディソシエーションを選べることです。

アソシエーション体質の人は喜怒哀楽が激しく、情緒が不安定になる可能性があります。
ディソシエーションを練習する事で、心の平穏をもたらしやすくなります。悲しい出来事を思い出し、それを自分を主人公にした映画のワンシーンのように再現する練習です。

一方で、ディソシエーション体質の人は喜怒哀楽が少なく、いつでもどこか冷めています。せっかくの人生、これはもったいないです。
私自身はかつてディソシエーション体質でした。推測するに、子供の頃、母子家庭だったことや転校していじめられた経験などがあって、アソシエーションすると辛すぎるので自然と自分も含めて客観視するディソシエーション体質が身についたのだと思います。でもディソシエーション体質のままだと楽しいことを思いっきり味わえません。

もったいないので大人になってからアソシエーションする訓練をしました。ただただ気持ち良い風を感じたり、美しい花を見て「あーきれいだなぁ」と味わう。こんな簡単なことからアソシエーションを練習します。 一番お得なのは、楽しいことはアソシエーションし、辛いことや悲しいことはディソシエーションする使い分けです。

あなたの周囲の人はアソ体質?ディソ体質?どちらでしょうか?すぐに分かりますよね。喜怒哀楽が激しい、賑やかなあの人はアソ体質。いつもクールで批評家な彼はディソ体質。

「小学校時代の楽しかった出来事を思い返して見て。映画の主人公のように自分が出てきた?」と質問し、確認してみてください。

あなたはアソ体質?ディソ体質?どちらでしょうか?
両方マスターして、楽しい時間を増やしてください。


WorkHappinessでは、大きく変化する時代の中での組織づくりをサポートしています。テレワークを活用する職場の人と組織の生産性向上のための支援を行うサービスの提供や、『組織を変える』ために必要なお役立ち情報の発信、人事・人材育成部門向けのセミナーを行っています。是非チェックしてみてください。

この記事を書いた人この記事を書いた人

吉村慎吾

公認会計士として世界4大監査法人の一つであるプライスウォーターハウスクーパースにて世界初の日米同時株式上場を手がける。創業した株式会社エスプール(現東証1部上場)は現在時価総額約600億円の企業に成長。老舗ホテルのV字再生、水耕栽培農園を活用した障がい者雇用支援サービスなど、数々の常識を覆すイノベーションを実践してきた。

現在経営するワークハピネスは、3年前からフルフレックス、リモートワークをはじめとした数々の新しい働き方や制度を実証。その経験を生かし、大企業の新規事業創出や事業変革、働き方改革で多くの実績を持つ。2020年4月に自社のオフィスを捨て、管理職を撤廃。フルリモート、フルフレックスに加え、フルフラットな組織で新しい経営のあり方や働き方を自社でも模索し、実践を繰り返している。

人材・組織開発に携わる方必見!現場で役立つ最新セミナー開催中!
ONLINE セミナーダイジェスト 人気のセミナーを3分程度の無料動画にまとめダイジェスト版をご用意致しました。セミナー受講の参考に、ぜひご覧ください。SEE ALL DIGEST MOVIE

INDEX