CEO BLOG

心理的安全性

以前、グーグルのリサーチ・チームが「効果的なチームは心理的安全性が高い」という研究成果を発表しました。「心理的安全性が高い」とは、チームのメンバー一人ひとりが恐怖や不安を感じることなく、安心して発言・行動できる状態のことを指します。
どうすれば、心理的安全性を高めて、高いパフォーマンスを生み出すチームを作れるのか?


私が体験した身近な事例で解説したいと思います。
私の二人の子供は教育方針が全く異なる小学校に通っていました。娘の通っていた小学校は「学校は失敗する場所」という標語を教室に掲げていました。先生達は常日頃から子供達にこの標語を示し、とにかく何事にも失敗を恐れず挑戦する事を促していました。

授業参観で先生が質問すると、クラスのほとんどの生徒が手をあげて積極的に発言します。どんな発言であっても先生は「素晴らしい意見ですね」「そういう考え方もありますね」「良い視点を発見しましたね」と、肯定的に評価していました。立候補制の学級委委員の選挙にも多くの生徒が手をあげます。地域コミュニティーや海外との交流も活発で、みんな積極的に交流を楽しんでいました。生徒同士もみんな仲が良くて、長期休暇になると娘は「早く学校に行きたい!」が口癖でした。


一方で、息子が通っていた小学校は学力優先主義。学業成績によって期毎にクラス替えを行って競争を促します。系列中学校に進学できる生徒数を絞る事で、危機感を煽ります。生徒の品行が悪いと親が学校に呼び出され、「行動を改めないと中学校にいけませんよ」と脅されます。成績が悪くて進学が見込めない生徒は先生や学校を恨みます。鬱憤をはらすかのように成績の良い生徒をいじめたります。喧嘩や不祥事が多発し、その度に全保護者が集められ、子供をしっかり躾けるようにと要請されます。クラスの一体感は希薄で、学校で交わる仲間は限定的。長期休暇明け、息子は「あ〜学校行きたくない!」が口癖でした。


教師の態度の違いで見事に生徒やクラスのパフォーマンスが変わってしまうのです。
わかりやすい学業成績だけが人間の価値ではありません。間違った意見などありません。違いは価値です。失敗などありません。全ては学習です。


優れたリーダーは、チームメンバー個々人の違いを尊重します。失敗を許容して、挑戦を促します。成功者も失敗者も等しく讃えます。このリーダーの態度が、チームメンバー間の相互尊敬を育みます。心理的安全性を生み出すのはリーダーの態度ひとつです。
人類未経験のwithコロナ社会。
学習して変化する組織しか生き残れません。
上司は優れた教育者のスタンスが必要となります。
心理的安全性の高い効果的なチームを目指しましょう!


WorkHappinessでは、大きく変化する時代の中での組織づくりをサポートしています。テレワークを活用する職場の人と組織の生産性向上のための支援を行うサービスの提供や、『組織を変える』ために必要なお役立ち情報の発信、人事・人材育成部門向けのセミナーを行っています。是非チェックしてみてください。

この記事を書いた人この記事を書いた人

人材・組織開発に携わる方必見!現場で役立つ最新セミナー開催中!
ONLINE セミナーダイジェスト 人気のセミナーを3分程度の無料動画にまとめダイジェスト版をご用意致しました。セミナー受講の参考に、ぜひご覧ください。SEE ALL DIGEST MOVIE

INDEX