CEO BLOG

勉強して幸せになる

公認会計士として働いていた頃の話です。ゴールドマンサックス証券とかモルガン・スタンレー証券とか、有名な外資系の大手証券会社の監査を担当したいと望んでいたのですが、自分に回ってくるのはヨーロッパの家電メーカーとかフライパンメーカーの仕事ばかり。そんな悩みを先輩に相談したら、
「待っていても仕事は来ないよ。証券会社の業務知識と会計処理をしっかり勉強してアピールしなければだめだよ。」
とアドバイスをもらいました。それから猛勉強してアピールしたら、望みが叶いました。


ワークハピネスを創業して数年した頃の話です。ゲームや冒険ストーリーを通してリーダーシップを学ぶという劇場型ラーニングという手法を生み出し、会社も成長軌道に乗ってきました。更なる成長のために、更に知識やスキルを増やさなければならないと思い、「これだ!」と感じたトレーニングやワーキショップに手当たり次第に参加していました。すると、行く先々ででワークハピネスの仲間と出会うのです。


お互いに顔を見合わせて、「これだ!と思った?」「はい。吉村さんも?」なんていう会話をしばしば。
同じ学習テーマに可能性を感じていることに驚くと同時に、私以上にワークハピネスの発展を夢見て自腹で学んでくれていることを大変心強く思いました。彼らは今、ワークハピネスの中枢で大活躍してくれています。
最近、ワークハピネスでは副業をする若者が多いですが、その内容を聞いていると、お金のためではなく、勉強のために行っている副業がほとんど。そして副業で学んだことを積極的に仲間にシェアしてくれています。
学び高めあう仲間がいる事は大変ありがたい事です。


新規事業開発支援などで接する大企業の若者たちと接していると違和感を感じる事がしばしば。中間発表のプレゼンを聞いて、私が「これだけの期間を経たのにちょっと進捗が遅いですね」とネガティブなフィードバックすると、「会社が残業を認めてくれないので、、、」「PCを家に持ち帰れないので、、、」等の他責な言い訳が出てくるのです。経済的に守られた立場にいながら新規事業開発に参加できるというのは素晴らしい学習のチャンスなのにそれを満喫していないのです。


人生100年時代。働く時間は長期化する傾向にあります。1つの会社があなたの人生を守ってくれることありません。
活躍し続けたかったら勉強し続けるだけです。
活躍するとは人や社会から必要とされるということです。
こんな幸せなことはありません。
仲間と共にこれからも大いに勉強をし続けようと思います。


WorkHappinessでは、大きく変化する時代の中での組織づくりをサポートしています。テレワークを活用する職場の人と組織の生産性向上のための支援を行うサービスの提供や、『組織を変える』ために必要なお役立ち情報の発信、人事・人材育成部門向けのセミナーを行っています。是非チェックしてみてください。

この記事を書いた人この記事を書いた人

吉村慎吾

公認会計士として世界4大監査法人の一つであるプライスウォーターハウスクーパースにて世界初の日米同時株式上場を手がける。創業した株式会社エスプール(現東証1部上場)は現在時価総額約600億円の企業に成長。老舗ホテルのV字再生、水耕栽培農園を活用した障がい者雇用支援サービスなど、数々の常識を覆すイノベーションを実践してきた。

現在経営するワークハピネスは、3年前からフルフレックス、リモートワークをはじめとした数々の新しい働き方や制度を実証。その経験を生かし、大企業の新規事業創出や事業変革、働き方改革で多くの実績を持つ。2020年4月に自社のオフィスを捨て、管理職を撤廃。フルリモート、フルフレックスに加え、フルフラットな組織で新しい経営のあり方や働き方を自社でも模索し、実践を繰り返している。

人材・組織開発に携わる方必見!現場で役立つ最新セミナー開催中!
ONLINE セミナーダイジェスト 人気のセミナーを3分程度の無料動画にまとめダイジェスト版をご用意致しました。セミナー受講の参考に、ぜひご覧ください。SEE ALL DIGEST MOVIE

INDEX