トレンド情報

チームマネジメントとは?必要とされる理由や成功のポイントを解説

近年「チームマネジメント」がビジネスで成果を上げる手法として注目されています。自社でも取り入れようと考えている場合、チームマネジメントの意味となぜ必要なのかを理解している必要があります。

この記事ではチームマネジメントとは何か、現代社会に必要とされている理由、リーダーに必要なスキルなどについて、またチームマネジメントを実践するうえでの課題と対処法、環境の改善点についても解説します。


チームマネジメントとは?

チームマネジメントとは企業や組織の目標を達成するためにチームリーダーがメンバーを適切にマネジメントし、メンバー個人の生産性を向上させることでチーム全体の生産性の向上を図る手法です。

具体的にはチームメンバーの育成や業務の効率化、主体的に行動できるようにサポートをすることが挙げられます。個人の能力に合わせてマネジメントをすることで本来の能力が発揮できれば個人の生産性が向上し、結果としてチームの生産性の向上も期待できます。

また個人の生産性が向上しても、チームとしてまとまりがなければ企業や組織の目標の達成は難しくなってしまいます。そのため、チームリーダーにはメンバーが同じ目標の達成を目指せるようにチームをまとめ上げる強いリーダーシップや、「この人のために協力したい!」と思ってもらえる影響力や関係性が必要です。

チームマネジメントが必要とされる理由

近年チームマネジメントが必要と言われる背景には人手不足、働き方改革、人材の多様性の3つが挙げられます。これらの問題に対して組織単位の取り組みが必要になった現代に、一人ひとりの能力を伸ばしてパフォーマンスを向上させるチームマネジメントは欠かせない手法と言えます。それぞれに対してなぜチームマネジメントが必要なのかを解説します。

人手不足対策

人手不足が深刻な社会ではどうすれば少ないメンバーでチームの生産性を上げていくかがポイントになります。チームマネジメントでは個人に合わせたマネジメントを行うため、個人の業務の見直しにより業務の効率化が期待できます。

また新入社員の採用や教育にも時間とコストがかかるため、既存のメンバーの離職率を低下させることも重要です。チームマネジメントで、メンバーが働きやすい環境を整えることが求められます。

働き方改革の対応

国の働き方改革においても、残業時間の減少や有給休暇の取得などが求められています。そのため従来のような個々の取り組みだけでなく、組織単位での新たな改革が必要とされるようになりました。

チームマネジメントにより業務の効率化が進めば、働き方改革に沿いながら生産性を上げることも可能になります。

多様な人材のチームワーク向上

リーダーがチームをまとめるチームマネジメントは、チームメンバーの入れ替わりや多様な国籍・雇用形態などに対応するためにも必要です。

チームメンバー一人ひとりへの適切なアプローチがあれば、個々の能力を最大限に発揮できる可能性が高まるでしょう。

自由な発想が妨げられずメンバーが意見を交換できれば、そのなかから時代に即した新しい切り口の商品や情報が形になることが期待されます。さらにチームワークが向上すれば「良いアイデアが生まれやすい」というメリットもあります。

チームマネジメントに必要な能力とは

ビジネス リーダーシップ

現代社会で求められている適切なチームマネジメントのために、チームリーダーは具体的にどのように対処すれば良いのでしょうか。ここでは、リーダーがチームマネジメントを行う場合に必要とされる能力について解説します。

コミュニケーション力

コミュニケーション力はチームマネジメントの基本ともいえる能力です。

チームマネジメントでは個人の能力に合わせて適切なマネジメントを行うことで生産性の向上を図ります。そのため、チームリーダーはメンバーとコミュニケーションをとってメンバーの個性や能力を把握することが重要です。またチームが目標を達成するためには、メンバー全員に達成の時期や方法などを共有しなければなりません。相手に正しく自分の意図を伝えるためにもコミュニケーションスキルを高めておくことが必要です。

スケジュール・タスク管理力

複数のメンバーで構成されている「チーム」では、リーダーは全員が分かるようなスケジュールを作成しタスクを管理する能力が求められます。

目標に向かって行うべき業務内容を効率的に進めるためには、期間ごとに区切ってメンバー全員に示さなければなりません。長期的なスケジュールだけでなく短期的な細かい計画も綿密に作成することが大切です。そのうえで、メンバーが個々のタスクを効率的に進められるように、優先順位を示しながら仕事をしやすい環境に改善するなどの配慮をする必要があります。

コーチング力

コーチング力とは、業務を行う過程で起きた問題に対してすぐに解決手段を提示するのではなく、メンバー自らに考えさせて気づきを与え、解決力を伸ばす能力です。
業務が成功するまでの過程ではミスが起こることがあります。もちろん、ミスに対して指摘をすることは大切です。しかしすぐに解決手段を提示するとメンバーは自分で考えなくなり、さらにミスの指摘ばかりが続くと意欲の低下につながります。

チームがポジティブに目標の達成に向かうためには、個々のメンバーが自分で考え解決していけるように時期を見ながら適切な指導ができるコーチング力が欠かせません。

チームリーダー・マネージャーが直面しやすい課題

チームマネジメントを適切に進めようとしても、現実的にはリーダーにとって障壁となりやすい環境や課題があります。ここでは、メンバーのモチベーションやコミュニケーションなどで抱えやすい課題について説明します。

メンバーのモチベーション維持

人手不足が深刻化している現代では、できるだけ効率化を図ろうと業務の処理能力が高い人やリーダーが自ら仕事を進めることが多くあります。しかし、短期的には生産性が向上したとしても、チーム全体の成長という観点から見ればマイナスになりかねません。

メンバーを信頼してできるだけ仕事を割り振ることが望まれます。例えプロジェクトの過程で失敗してもそれがメンバーの経験になり、長期的にはチーム全体が成長する機会になるのです。能力の高い人にとっても、仕事量が多くても給与に反映されなければモチベーションは下がっていくでしょう。チームマネジメントでメンバーのモチベーションを維持するためには、リーダーの意思改革が重要です。

リーダーの業務量の負荷

多くの国内企業ではチームリーダーやマネージャーも業務に携わっているため、実際にマネジメントにかける時間は不足してしまう傾向にあります。

リーダーには目標達成のための短期的な業務に加えてメンバーの成長といった長期的な業務も求められています。リーダーの業務量が次第に増えてしまうと、本来のチームマネジメントの手法を十分に発揮することはできません。そのためにも可能な限り業務をメンバーに割り振ることが大切です。

コミュニケーション不足による不備

企業内で各部署のコミュニケーションが不足している場合も、チームマネジメントにおける課題になりやすいので注意が必要です。

企業全体のコミュニケーションが活発に行われていればチームごとの目標が共有しやすくなります。社員同士のコミュニケーションについても配慮し、業務フローや社内体制の改善を進めていくことが大切です。

チームマネジメントを成功させるポイントは?

チームマネジメントを成功させるためには、ポイントを押さえてから確実に実行することが重要です。ここで説明するポイントが実際に行えているかを確認しながら進めていきましょう。

目標を明確化する

はじめに重要なポイントとしてチーム全体で共有しておきたいのは、目的・目標を明確化することです。チームが目指す目標を明確にすると、メンバーは仕事を達成する意味や意義が理解しやすくなります。そうすればリーダーから促されて行う業務ではなく、主体性を持って目標を達成しようという意識が生まれるでしょう。

チームで目標を達成したときのメリットを目指し、メンバーが一体となって業務を進めていくことができます。

メンバーとコミュニケーションを深める

目標が明確になっても、チーム内のコミュニケーションが十分でなければ一体感を持って進むことはできません。コミュニケーションは普段から積み重ねるものなので、何気ない会話やイベント、ミーティングなどの機会をとらえて深めていくことが大切です。

一人ひとりの個性や長所を把握するためには、個別面談などの時間も設けると良いでしょう。チームリーダーがメンバーとのコミュニケーションを深めていけば、おのずと信頼関係が構築でき新たな意見や革新的なアイデアも生まれやすくなります。

進捗や課題など細かい情報も共有する

チームの目標をメンバー全員で共有しながら、さらに細かい内容について決めておくこともチームマネジメントの重要なポイントです。プロジェクトの目的や進め方、期日などを設定しておくと、それぞれの進捗状況や課題をあぶりだして共有できます。

共有する方法はチャットツールなど便利なサービスを使って効率的に行うのがおすすめです。

メンバーが働きやすい環境づくりも大切

チームマネジメントでは、リーダーやマネージャーの行動が大切ですが、効果的なマネジメントを進めるためにはメンバーが仕事をしやすい雰囲気作りも意識することが重要です。

ここでは、仕事をしやすい雰囲気作りのポイントについて説明していきます。

風通しの良い職場の雰囲気

チームメンバー同士で意見交換ができる機会や雰囲気を作ると、職場環境の風通しが良くなります。意見交換ができる雰囲気作りをするには、互いに信頼関係が構築されていることが必要です。

リーダーがメンバーの悩みやハラスメントに気付かないでいると、互いに信頼関係を築くことが難しくなります。ときにはアンケートなども行いながら、個々の問題について助言する、解決策を共に検討するといったきめ細かい対応をしていくと良いでしょう。リーダーがメンバーの不安や悩みを聞き、メンタルのケアを意識的に行うことが大切です。

働きやすい制度・環境を構築

チームマネジメントを成功させるには、働きやすい制度や環境を整えていくことも大きなポイントです。それには、メンバーのワークライフバランスを推進するために、休暇や休憩時間などの制度を整えることも含まれます。

また、不公平感が出ないような人事評価制度を構築していけばメンバーが納得できるため、仕事へのモチベーションもアップしていくでしょう。


【まとめ】

チームマネジメントは、企業や組織が目標を達成するためにメンバー個人とチーム全体の生産性の向上を目指すマネジメント手法です。ビジネスにおいて注目されているマネジメント手法のため、導入する企業や組織が増えています。

しかし新たに導入する場合には、具体的にどのようなことを行えばいいのか、マネジメント方法が合っているのか不安などの疑問や悩みが上がることも考えられます。そういったときには研修やチームマネジメントをサポートするツールの利用も検討するといいでしょう。

例えば「スクエアホイールサーベイ」はチームの状態を診断して、その結果をもとにフィードバックやワークブックが返ってきます。それにより何をすれば良いのかが明確になりチームマネジメントを円滑に進めることが可能です。

企業や組織の生産性向上が求められている現代、チームマネジメントを導入して業務改善を図りましょう。

この記事を書いた人この記事を書いた人

嶺田賢

大学卒業後、上場派遣会社に入社し、その後、教育系子会社のエスプール総合研究所(現:ワークハピネス)へ。
各種サーベイなどの設計・開発、人事制度構築、理念浸透などのコンサルティングを経て、教育周りの企画提案を主な業務とする法人営業を担当。関西地域で大手上場企業の新規開拓をメインに携わり、お客様の理念体系、今後の戦略に沿った、「人の育成」「仕組みの整備」を体系的に提案することを得意としている。
2019年からマーケティングチームの立ち上げに責任者として関与。デジタルの力を活用して、会社の売れる仕組みづくりを構築している。

人材・組織開発に携わる方必見!現場で役立つ最新セミナー開催中!
ONLINE セミナーダイジェスト 人気のセミナーを3分程度の無料動画にまとめダイジェスト版をご用意致しました。セミナー受講の参考に、ぜひご覧ください。SEE ALL DIGEST MOVIE

INDEX