組織開発

弊社の組織開発サービスとは

組織の風土・文化にアプローチし、
エンゲージメントと変化への対応力を高める

環境変化が激しい現在、多くの企業が変革を迫られています。変革を成し遂げるには戦略や仕組みを変えることに加え、
組織文化を変えることが重要となります。Work Happinessでは創業より培ってきた
組織開発のメソッドを駆使することで、組織のハード面・ソフト面の両方にアプローチ。
変革プロジェクトの設計から実行・定着までトータルサポートすることで、揺り戻しのない変革の実現します。

組織開発においてありがちな課題

  1. 01

    組織の目指す方向が見えず
    求心力・一体感が弱い

    • ・理念やビジョンが浸透しない
    • ・先行き不透明感が組織に蔓延してる
    • ・部署の対立や部分最適が横行し、一体感がない
    • ・判断や意思決定の軸が揃わず、組織のスピードがあがらない
  2. 02

    現状の延長線上の仕事に追われ
    新たなチャレンジが生まれない

    • ・危機感が希薄で、変革の必要性が理解されない
    • ・目の前の業務で忙殺され、変革どころではない
    • ・変革プロジェクトを立ち上げたがうまくいかない
    • ・過去の成功体験から脱却できず、同じことを繰り返してしまう
  3. 03

    様々な施策を行っているのに
    エンゲージメントが高まらない

    • ・人事制度が人材育成ツールとして機能していない
    • ・多くの研修を行っているが従業員満足度が向上しない
    • ・人事制度や教育制度が戦略や組織変革の実行を阻害する要因になっている

Work Happinessの
組織開発の特徴・強み

起こりがちな状況・失敗
理想の職場づくりや変革プロジェクトが
自分ごとにならない
組織の一部を変えたことで、思いも寄らない悪影響が発生する
一旦は変化が起こるが、元に戻ってしまう
組織の中にある隠れた前提、暗幕のルールを紐解けず
変革に対する抵抗が生まれてしまう
Work Happinessの特徴・強み
組織と社員の価値観の接点「エンゲージメントポイント」を発見し
当事者意識と、主体的な貢献意欲を高める
組織の構成要素が互いに整合するように変化をデザインし
効果を最大化する
「CESモデル」で変革をデザインし、変化の揺り戻しを防ぐ
人と組織の「メンタルモデル」を明らかにし、抵抗に対処する

Work Happinessの組織開発の主な特徴

  1. 01

    組織と社員の価値観の接点
    「エンゲージメントポイント」を発見し当事者意識と、
    主体的な貢献意欲を高める

    社員が変化の必要性を理解し、変化を自分ごととして捉えなければ、現場を変え、組織のパフォーマンスを高めることは困難です。

    Work Happinessでは、プロジェクトの中で社員一人ひとりの価値観と組織のMVV(Mission・Vision・Values)との重なりを拡げ、共鳴させることで社員と組織のエンゲージメントを高めていきます。その結果、社員の当事者意識や主体的な貢献意欲が醸成され、変革を推し進める強い原動力を生み出します。

  2. 02

    組織の構成要素が互いに整合するように変化をデザインし効果を最大化する

    戦略、制度、仕組み、人材といった組織の構成要素は相互に影響しあっており、各要素が不整合を起こすと、生産性やモチベーションの低下、戦略実行力の低下といった問題につながります。組織の一部を変更する場合は特にこの弊害が発生しがちです。

    Work Happinessでは、組織を構成する「7つのS」(Strategy、 Structure、System、Shared Value、Staff、Skill、Style)が整合するように変革プロジェクトを設計・実行することで、変革の効果を最大化します。

  3. 03

    「CESモデル」で変革をデザインし、
    変化の揺り戻しを防ぐ

    組織変革を実行するためには、変革の必要性の理解や動機づけ、変革に対応するための知識やスキルの獲得といった「変化への抵抗」を除去することが不可欠です。

    Work Happinessでは、CESモデルを用いることで、変革を確実に推し進めるだけでなく定着や後戻りの防止を実現します。

    1. 1Communication
      新しいビジョン&戦略と望ましい行動を組織に伝達する
    2. 2Education
      望ましい行動が取れる様に人材教育を行い、変革への有能感を高める
    3. 3System & Structure
      仕組みや組織体を変更し、変革の後戻りを防止する
  4. 04

    人と組織の「メンタルモデル」を明らかにし、
    抵抗に対処する

    メンタルモデルとは「こうすれば、ああなる」といった思考パターンのことを指します。
    強烈な成功や失敗を経験した人や組織は、強固なメンタルモデルが形成されていることがあり、組織を変えていく際の抵抗や阻害要因となるケースが多々あります。

    Work Happinessでは、ヒアリングやワークショップを通じて人と組織のメンタルモデルを把握。必要に応じてメンタルモデルに対する対処作をプロジェクトに組み込むことでスムーズかつ確実な変革を実現します。

代表的なソリューション

お客様の状況、組織規模、課題に応じた、最適なソリューションをご提供しています。
その中でも代表的な組織開発のテーマをご紹介します。

最新の組織開発の事例をご紹介