【新任管理職向け】基礎をしっかり固めるマネジメント研修(基礎)

【新任管理職向け】基礎をしっかり固めるマネジメント研修(基礎)

次のような課題に対応しています

  • プレイヤーの意識が抜けず、管理職としての役割発揮が期待通りではない
  • これまで体系的なマネジメント教育の機会がなく、マネジメント方法がバラバラになっている
  • 目の前の業績や部下の行動の管理ばかりが優先され、メンバーが動機づけされない

「名プレイヤー、名監督にあらず」と言う言葉があるように、プレイヤーとマネージャーは大きく異なる存在です。本研修では管理職が押さえておくべきマネジメントに必要な基本的役割を5つの要素に分解して身につけていきます。

支援内容

マネジメント研修(基礎)受講後のゴール

 

・マネージャーが発揮すべき役割を正しく理解し、マネージャー間で認識が統一されている

・部下に合わせたコミュニケーション方法を理解し、発揮できる

・現代のマネージャーに必要な、チームの一体感の醸成、メンバーの動機づけができる

マネジメント基礎研修

プレイヤーからマネージャーの意識の転換

「名プレイヤー、名監督にあらず」と言う言葉があるように、プレイヤーとマネージャーは大きく異なる存在です。本研修では管理職が押さえておくべき基本的なマネジメントの考え方とやり方を身につけていきます。

マネジメント研修が必要な背景

管理職は多くの場合、プレイヤー時代に成果を出している方が任されます。しかし、成果を出していたが故に今までの経験則に縛られてしまいやり方を変えることができず、管理職として活躍できないケースが多くあります。

  • 任せられない、自分でやろうとする
  • 自分のやり方をメンバーにも求める
  • 大事な場面でメンバーをリードできない

管理職とはプレイヤーとは異なる視野・視座が求められる存在です。それはプレイヤーの意識のままでは身につけることが困難です。そのため一度立ち止まり、管理職としてマネジメントの基礎を身につける時間を設ける必要があります。

ワークハピネスのマネジメント研修(基礎)の特徴

マネージャーの役割を体系的に学べるため、新任管理職でも何をすべきかわかりやすい

マネジメントの全体像

マネージャーの役割を5つの要素に分解して解説します。

  • あり方(Being)・・・管理職としての心構え
  • 求められる行動(Doing)・・・人材のマネジメント、業務のマネジメント、リーダーシップ
  • ありたい姿(Visioning)・・・チームの目指す姿を描く

管理職として求められる役割を網羅的に理解することから始めます。

陥りやすい落とし穴を先に押さえることができる

プレイヤーとマネージャーの違いの一つに、求められる視点の違いとバランスがあります。
プレイヤーは「チームで協力して成果を出す」等、求められる行動や成果に矛盾がありません。
一方で、マネージャーは、日々の業務の中で、“短期的な業績”と“長期的な人材育成”という一見相反する成果を求められます

これらをバランスよく同時に求めていくというのがマネージャーの抱えるべき役割なのです。
この違いを理解しないと、「短期的成果が求められているから、自分がやったほうが早い」という行動につながってしまいます。

ワークハピネスのマネジメント研修(基礎)では、このマネジメントの本質的な役割について理解することで、よくある落とし穴を避けることができます。

ケーススタディとレクチャーの繰り返しで納得感が高い

マネジメント研修(基礎)では、要素別に5つのケーススタディを実施します。ケーススタディでは、日常でありがちな場面を想定し、自分ならどういう態度・行動をするかを考えます。その後に講師からの解説があるため、納得感が高いのが特徴です。また、適度にケーススタディがあるため、飽きることなく受講できます。

マネジメント研修(基礎)の内容

1.管理職としての心構え

マネジメント業務は今までのプレイヤーの延長線上にないことを知り、一旦リセット(アンラーニング)して学び直す必要があることを理解します。

2.チームの一体感の醸成

現代のマネージャーには、チームを一つにまとめ、エンゲージメントを高めることが求められます。本研修では、チームの一体感を醸成する方法をフレームワークで解説します。

3.マネジメントとリーダーシップ

マネジメントとリーダーシップの違いを理解し、マネージャーが発揮すべきリーダーシップ(影響力)について理解します。

4.人材のマネジメント

メンバーに合わせて4つのリーダーシップスタイルを使い分け、タイプの違う部下を動機づけする方法を習得します。また、ティーチングとコーチングの違いを学び、部下のレベルに応じてコミュニケーションを使い分けられるようになります。

5.業務のマネジメント

日々の業務において、やるべきことをそれぞれが関連するマネジメントサイクルとして理解し、タスクの分解など必要な各業務スキルを学びます。

マネジメントサイクル

6.チームのビジョンを描く

ワークシートを使用して、チームの目指す姿を描きます

カリキュラム例

マネジメント研修(基礎)カリキュラム例

*ご要望によりカスタマイズ可能です

「マネジメント基礎研修」の資料ダウンロードはこちら

マネジメント研修 事例一覧

マネジメント研修の導入事例はこちらからご覧いただけます。

管理職研修

管理職研修まとめページはこちらから>>>

受講者の声

受講者の声 1

自分の役割認識が浅かったことがわかりました

これまで自分が管理職の役割だと思っていたことは、一部分でしかなかったことがよくわかりました。今のタイミングで学ぶことができてよかったです。

受講者の声 2

ケーススタディーが参考になりました

具体的なケースで考えることができて、管理職としてのあり方をイメージすることができました。

受講者の声 3

なぜ、部下とうまくいかないのかようやくわかりました

これまで手探りでコミュニケーション取ってきたが、自分のコミュニケーションに問題がありそうだとわかった。部下の状態に合わせていきたい。

受講者の声 4

管理職の不安が減りました

具体的なフレームワークとスキルを教えていただけたので、これからはこうすればいいんだなと、少し気持ちが楽になりました。

詳細

サービス名 マネジメント研修(基礎)
対象 新任管理職
標準所要時間 3時間〜8時間(ご要望によりカスタマイズ可能です)
実施料金 別途お見積もり 営業担当または弊社HPからお問い合わせください
実施形式 オフライン・オンライン形式  *ハイブリッドでの実施も可
テレワーク時代に最適な人や組織づくりをしませんか?

本サービスの関連事例

ここが伸びた!改善された!など、導入後の嬉しい声を集めました。
利用者が実際に感じた導入効果とは?
株式会社アシックス

株式会社アシックス

「教わる」研修からプロセスを通して「学び合う」研修へ

  • #意識変革・マインドセット
  • #新人・若手層の早期戦力化
クライアント
株式会社アシックス
業種
製造メーカー(スポーツ用品など)
会社規模
3000 名 以上
株式会社ダイヘン

株式会社ダイヘン

主体的に参加したくなる研修が「学び合う文化」醸成の第一歩

  • #マネジメント力強化
  • #リーダーシップ開発
  • #意識変革・マインドセット
クライアント
株式会社ダイヘン
業種
電気機器メーカー
会社規模
3000 名 以上

オンラインセミナー情報

人事・人材育成部門のご担当者向けに
様々なテーマのセミナーを開催しています。

「チェックした」プログラムから探す

チームワーク必須のゲームセンター/チームビルディング「SYNERGYK」

お気に入りリストに登録

チームワーク必須のゲームセンター/チームビルディング「SYNERGYK」

SYNERGYK(シナジック)は、ゲームボード端末を操作してチームスコアを競い合う対面アクティビティです。繰り出される数々のミニゲームは、チームワークや個人のスキルを活かさなければスコア獲得ができません。懐かしのゲームセンターに居るような雰囲気の中で行うチームプレーで、一気にメンバーとの距離が縮まることでしょう。

対象:組織、部門、チーム別

  • #チームビルディング
【新入社員向け】超実践型ビジネススキル研修

お気に入りリストに登録

【新入社員向け】超実践型ビジネススキル研修

新入社員の「わかる≠できる」の課題を解決するために、リアルな体験から実践的な学びを得ることのできる超実践型ビジネススキル研修です。マルチタスク処理や優先順位付けなど、実践形式だからこそ得られる学びがあり、新入社員が突き当たる課題現場配属前のスキル定着化に効果を発揮します。

対象:新入社員・若手層

  • #ビジネススキル習得
  • #新人・若手層の早期戦力化
  • #自律型人材・主体性
アクティブマインドを引き出す新入社員研修「ワクワク冒険島」

お気に入りリストに登録

アクティブマインドを引き出す新入社員研修「ワクワク冒険島」

新入社員や若手社員の早期戦力化に最適な研修です。他者との対話を通して自分軸を発見し、自分と自社との接点を明確にします。本研修では、自社で働く意味を見出すことで、主体的に行動できる新入社員・若手社員を育成します。

対象:新入社員・若手層

  • #エンゲージメント強化
  • #意識変革・マインドセット
  • #自律型人材・主体性
視野を拡大!若手・中堅社員向けビジネスシミュレーションゲーム研修「バードビュー」

お気に入りリストに登録

視野を拡大!若手・中堅社員向けビジネスシミュレーションゲーム研修「バードビュー」

バリューチェーン バードビューは、宇宙船製造メーカーを経営する経営シミュレーションゲームです。体験の後はバリューチェーン理論を用いて振り返り、企業活動は価値連鎖の連続であることを学習します。「鳥の視点」を持ち、最終顧客への提供価値を最大化するという組織全体の目的から考えて、自分の仕事を捉え直すことで仕事の意義を再確認します。そうすることで、仕事への前向きな姿勢を獲得し、若手社員から自律的に動く中堅社員へとトランジションを図る研修です。

対象:中堅社員・リーダー層・新入社員・若手層

  • #モチベーション
  • #新人・若手層の早期戦力化
  • #自律型人材・主体性
90分でチームの個性を解き放つチームビルディング「Quickfire Live」【短時間実施可】

お気に入りリストに登録

90分でチームの個性を解き放つチームビルディング「Quickfire Live」【短時間実施可】

Quickfire Live(クイックファイア・ライブ)は、短時間で一気に盛り上がることのできる対面型のチームビルディングアクティビティです。3つのタイプと3つのレベルのチャレンジを繰り返して獲得ポイントを競い合います。2時間あれば、チームメンバーの新たな一面を発見できるかもしれません。

対象:組織、部門、チーム別

  • #チームビルディング
立体パズル組み立てスピードレース チームビルディング「Need 4 Speed」

お気に入りリストに登録

立体パズル組み立てスピードレース チームビルディング「Need 4 Speed」

Need 4 Speed(ニード・フォー・スピード)は、バラバラになったクルマのパーツを正確に組み立てる時間を競うチーム対抗タイムトライアルです。童心に帰って盛り上がること間違いなしですが、実はチームのコミュニケーション力が試されるゲームでもあります。本プログラムは、200名までの対面実施が可能です。

対象:組織、部門、チーム別

  • #チームビルディング
セクショナリズムを打破! 体感型ビジネスゲーム研修「ZIPANGU」

お気に入りリストに登録

セクショナリズムを打破! 体感型ビジネスゲーム研修「ZIPANGU」

セクショナリズムは気づかぬうちに組織を蝕む病のようなものです。セクショナリズムを打破するには、まず気づくことが必要です。 ビジネスゲームによる体感によって大きなインパクトとともに気づきを得ることで、問題の解決に向けて動き出すことができます。

対象:管理職・マネージャー層・組織、部門、チーム別

  • #マネジメント力強化
  • #リーダーシップ開発
  • #組織変革・風土変革
【新入社員向け】タフネスマインド研修

お気に入りリストに登録

【新入社員向け】タフネスマインド研修

多くの困難な状況に向き合う新入社員に対して、忍耐強く前に進むタフネスを身につけるマインド研修です。 曖昧な基準での勝ち負けの体験、そんな中で生じた自分の感情に向き合う体験を通じて社会人としての折れにくい心、真の主体性を身につけていきます。

対象:新入社員・若手層

  • #ビジネススキル習得
  • #モチベーション
  • #新人・若手層の早期戦力化
  • #自律型人材・主体性
組織風土変革コンサルティング

お気に入りリストに登録

組織風土変革コンサルティング

ワークハピネスでは変化に強い組織を作るべく、組織論や心理学を活用した独自の組織風土コンサルティングによって、変化による痛みを最小限にした自然な組織の変容・行動パターンの獲得をハンズオンでサポートしています。

対象:組織、部門、チーム別・経営層

  • #意識変革・マインドセット
  • #組織変革・風土変革

導入の流れ

※状況によって流れが変化する場合もございます。

  • 01

    ヒアリング

    現在のご状況や課題点をお伺いいたします。その上で、「課題の整理」「根本原因の抽出」「課題解決にむけたテーマ設定」を行います。より良いソリューション提供に向けて、従業員の方にヒアリングを実施する場合もございます。

  • 02

    ソリューションのご提案

    事前のヒアリングで得た情報をもとに、課題解決にむけた具体的なソリューションについてご提案いたします。必要に応じて、お客様と議論をしながら、より良いソリューションへの改善なども行います

  • 03

    ソリューションの実施

    実際に、ご提案したソリューションを実施いたします。実施に向けて準備をする中で、再度、本来の目的を達成可能か確認させていただきます。

  • 04

    効果検証

    実際に実施したソリューションが、「どの程度目的を達成したのか」。事前にお客様とすり合わせた評価軸をもとに、効果検証を行い、PDCAを回していきます。

  • 05

    アフターフォロー

    効果検証の内容も参考に、今後に必要な施策の協議や、現場ヒアリングなど、「次の一手」のために必要なフォローアップを行います。

サービス資料・お役立ち情報満載!

資料ダウンロード

まずはお気軽にご相談ください!

フォームから問い合わせる