トレンド情報

マネジメント研修とは?目的や内容を紹介

企業において管理職は事業をリードしたり若手の人材育成をしたりするうえで重要な役割を担っています。マネジメント研修は、管理職についている社員やマネージャーになったばかりの社員を対象に行う研修のことです。企業が限られた人材で継続的に発展を遂げていくためには、マネジメント層の組織管理能力や人材育成のスキルを戦略的に向上していく必要があり、マネジメント研修の必要性を感じている担当者も多いでしょう。そこで今回は、マネジメント研修の概要や目的、内容をご紹介いたします。

マネジメント研修とは

組織や企業が継続的な発展を遂げるためには、マネジメント力が重要なカギとなります。マネジメントはもともと「管理」や「経営」のことを意味しますが、ビジネスでは「経営」、「人材管理」や「組織運営」という意味で使われます。売上や利益を伸ばして事業を発展させていくことは経営の面で大切ですが、企業の大事な財産である人材を育成していくことも必要不可欠です。

マネジメント研修は、こうした経営や人材・組織管理を担う社員に対して行う研修で、経営に必要な知識やスキルを身に付けます。リーダー層の社員だと経営にも影響を及ぼす判断を迫られることが多いため、ノウハウを学ぶことで実務にも役立てられるでしょう。戦略的に人材育成・人材配置が行えるように、人材や組織に関する知識を身に付けるのもマネジメント研修で重点を置かれる内容です。

マネジメント研修の目的

マネジメント研修の目的は、マネジメントや人材育成に関して管理職が押さえておくべき知識やスキルを学び、企業の中核を担うリーダー層のスキルを強化することです。マネジメント研修を行うことで、長いスパンでの企業の成長を目指すことができます。マネジメント力に優れたリーダー層が増えることで、次々と優秀な若手が育成されていくことも期待できるでしょう。

同時に、事業を拡大していくために経営に関しての知識強化を行うことも重要な目的です。経営への理解と判断力を養うことで、実務で戦略的な決断ができる管理職の育成を目指します。

マネジメント研修の対象者は?

マネジメント研修とは、どのような社員を対象にした研修なのでしょうか。マネジメント研修を行うと効果的な対象者を「新任マネージャー」と「既任管理職」の2つに分けてご紹介します。

新任マネージャー

マネージャーは部署やチームの管理や成果に対して責任をもつ役割があります。しかし、これまでマネージャーとして働いた経験がない人が、急に視野を広げてグループ全体をマネジメントするのは非常に困難です。また、マネージャーには自ら積極的に考えて動ける力が必要ですが、これまで上司のいう通りに働いてきた場合は大きなチャレンジとなります。そこで、経験の浅いマネージャーや新任のマネージャーに対して、必要な知識やスキルを身に付けるためのマネジメント研修を取り入れると効果があります。

一度の研修で学んだことを実践に活かすのは難しい場合が多いので、上司との面接やフォローアップ研修、トレーニングなどを取り入れながらマネジメントの実務経験を積んでいくと良いでしょう。

既任管理職

既に会社の経営管理や組織運営に関わっている管理職・リーダー層にもマネジメント研修を行うと効果的です。管理職として勤務してきた経験が長いと、自らの経験則で判断してしまうことが多くなります。企業を取り巻く経営環境は日々刻々と進化するため、最新情報やトレンドを取り入れたマネジメント研修を行うことで、更なるステップアップを目指すことができます。また、研修によって体系的な学習をすることで、経営に関する知識を偏りなく補えます。

部下を育成する立場にある管理職やリーダー層ですが、自分のステップアップも兼ねて新しい知識を吸収することで、さらに上の経営陣に加わるために必要な能力を構築していくことができます。時代の流れや企業のビジョンに合ったスキルを習得することで、モチベーションを高めると同時に、広い視野を持ったマネジメント能力を得られるでしょう。

マネジメント研修で学べる内容とは

マネジメント研修で具体的に取り扱われる内容にはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、マネジメント研修によって学べる内容をご紹介します。

強い組織を作る方法

管理職やリーダー層は、視野を大きくもちながらより強固な組織をつくっていく役割を担います。部下を育成しながら、自分のグループが継続的に成長していくにはどうすればよいのか考えながら管理する必要があります。企業内での位置づけを意識しながら管理することで、グループの課題や行動計画が明確になるでしょう。

強い組織を作り上げるには、縦のつながりだけでなく横のつながりも大切です。具体的には、他部署との連携を深めて相乗効果を生み出しながら企業全体をまとめていく必要があります。管理職がこのような広い視野と体系的な捉え方をもつことによって、企業としての方向性が固まりパフォーマンスを向上していけるようになるでしょう。組織全体を見据えながら業務を進めていける管理職やリーダーが増えることで、企業は目標達成に向けて効率的に動くことができます。

経営数字力を身につける方法

マネジメント研修では、経営数字について学び、経営に必要となる経営数字力を強化します。企業の業績を向上させるには、現状を分析して理解し戦略を立てるために数字が最大の武器となります。しかし、各業務のプロであっても、全ての管理職が経営数字に強いわけではないでしょう。そのため、分析や意思決定、説明責任などに効果的な経営数字の知識を身に付ける必要があります。

自分の管理するグループだけでなく、企業全体の実績や進捗を数字で理解する力が管理職には求められます。将来的に経営陣としてさらに重要な意思決定をしていくためにも、経営数字力を磨き数字を上げるための意識をもつことが大切です。

部下を育てる方法

部下を育てるスキルもマネジメント研修で学ぶ重要な項目です。既に管理職として経験がある人でも、体系的に学んだりトレンドや新しい考え方を取り入れたりすることで新たな気付きがあるでしょう。人材は企業の財産です。部下の育成に力を入れることで、定着率の増加や部下の仕事へのモチベーションの向上により、企業が継続的に発展していくことができます。

組織や人材は時代とともに変化していきます。経験から部下の育成に自信があっても、常に新しいことを吸収することで柔軟な発想が生まれよりよいチームマネージメントを実現できるでしょう。同時に、部下の育成に真剣に取り組むことで部下も自分の価値を認識することができ、人材の流出を防止することができます。

研修の具体的マネジメント法とは

時代と共に組織や社員の考え方やニーズは変化しています。管理職やリーダーとして会社の中核を担う立場が、社員が企業に求めるニーズをよく理解しておくこともマネジメントでは重要なポイントです。社員の満足度を上げていくために理解しておきたいマネジメント法として、「ゴールデンサークル理論」や「ライフキャリアレインボー」、「Will・Can・Must」などがあります。

ゴールデンサークル理論とは、サイモンネック氏によって提唱された指導法で「Why」(なぜ)、「How」(どうやって)、「What」(何)の3要素で構成される円で物事の本質を説明するという考え方です。このフレームで説明することによって相手の共感を得ることができます。人材育成などに活かして効果的に部下に説明することができます。

ライフキャリアレインボーは、個人は仕事だけでなく私生活で重視したい価値も含めて多様な役割をもっているという考え方です。仕事中心の人生を送ってしまう人が多くなりがちですが、私生活での充実はキャリアデザインや仕事での活躍において無関係ではありません。私生活も含めてこうなりたいという理想の形を上司と部下で話し合っていくのも、これからの人材育成にとって必要とされる考え方です。

さらに、最近では「Will・Can・Must」のバランスを見ながら目標設定をする方法も用いられています。従来のマネジメントでは社員にどうなりたいかをヒアリングすることがメインとなっていましたが、この方法ではやりたいこと(Will)だけでなくできること(Can)、すべきこと(Must)を総合的にみて適切な目標設定をするという考え方をします。Will・Can・Mustのバランスをみながら目標設定することで個人の意思や特性が反映されやすく、能力開発につながりやすくなるでしょう。

マネジメント研修で押さえておきたいポイントとは

マネジメント研修を行う際は、あらかじめ重点を置くべきポイントを知っておくと効果的に実施することができます。ここでは、マネジメント研修のポイントをご紹介します。

研修することを目的としない

マネジメント研修では、既に重要な位置についている管理職やリーダー層を対象に行います。そのため、貴重な時間を有効に使うために実践的で有意義な内容を取り扱う必要があります。研修をすることだけが目的にならないように、計画を立てる際には研修のゴールや身に付けたい知識・スキルを明確にしておくとよいでしょう。また、研修が終わってからどのようなフォローアップが必要か、あらかじめフローを考えておくと効果的です。

研修をきちんと振り返る

研修は内容を詰め込むだけで終わらせてしまうと、効果があまり期待できません。優秀な管理職として企業を動かしてもらうためには、振り返って学んだことを定着させ実践に落とし込むと良いでしょう。

企画する側ができる工夫としては、研修の時間が終わったらそれで終了するのではなく、レポートやプレゼンの提出、アンケートの実施などのアクションを取り入れる方法があります。内容を振り返るステップを組み込むことで、受け身にならず、学んだことを吸収して実践することができるでしょう。

最初に研修の目標を立ててから臨む

研修を受ける際には、なるべく具体的な目標を立てておくのがポイントです。時間が経って振り返ったときに進捗や達成度がわかるように、参加メンバーがそれぞれの目標を立てておくとよいでしょう。後から見返して効果が測定できるよう指標を決めておけば、研修の効果や満足度を得やすく、さらなる向上心につながります。

マネジメント研修とは?まとめ

マネジメント研修は、新しくマネージャーになった社員や既に経験のある管理職など、対象とする人によって研修の内容を工夫するとより効果的です。事業を動かす管理職やリーダー層に研修を施すことで、企業にとって人材教育や経営の強みとなり、さらに強固な組織を作り上げることができるでしょう。


ワークハピネスでは、クライアントが抱える課題を共に解決していき、変化の多い時代を生き抜いていくノウハウを提供しています。マネジメント研修を考えている場合は、ぜひご相談ください。企業ごとの課題や組織風土に合わせて、生き生きとした働き方と組織づくりをサポートいたします。

この記事を書いた人この記事を書いた人

嶺田賢

大学卒業後、上場派遣会社に入社し、その後、教育系子会社のエスプール総合研究所(現:ワークハピネス)へ。各種サーベイなどの設計・開発、人事制度構築、理念浸透などのコンサルティングを経て、教育周りの企画提案を主な業務とする法人営業を担当。関西地域で大手上場企業の新規開拓をメインに携わり、お客様の理念体系、今後の戦略に沿った、「人の育成」「仕組みの整備」を体系的に提案することを得意としている。

2019年からマーケティングチームの立ち上げに責任者として関与。デジタルの力を活用して、会社の売れる仕組みづくりを構築している。

人材・組織開発に携わる方必見!現場で役立つ最新セミナー開催中!
ONLINE セミナーダイジェスト 人気のセミナーを3分程度の無料動画にまとめダイジェスト版をご用意致しました。セミナー受講の参考に、ぜひご覧ください。SEE ALL DIGEST MOVIE

INDEX